【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】

【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】

寝取られ願望夫にとって、自分の妻を他人男性に貸し出してセックスさせるのはとても興奮するものですが、この動画の旦那はそれを実行しています。私にはとてもその勇気はないので、羨ましい気持ちでこの動画を見ています。

それにしても、旦那もしたことがないというのに、人の妻をパイパンにしてしまうこの男性の大胆な行動は、旦那にとっては驚きと同時に嬉しいハプニングだったかもしれませんね。

【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】~動画の概要

  • 販売開始日:2019年4月22日
  • 再生時間:00:45:14
  • 修正の有無(局部):修正有り
  • 総合評価:5.0

動画からの画像

【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】-1
【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】-2
【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】-3
【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】-4

サンプル動画

【寝取られ】 貸出妻 #01 ~ パイパンにされ、単独男性の生巨根で何度も逝かされ「イッちゃう!」を連発する淫乱妻 【他人棒】

「可能であれば、ご主人のいない場所で奥様を一日お借りしたいのですが」

単独男性のそのメールから始まった今回の貸し出しプレイ。
朝早くから家を出て、夕方に帰宅した妻をすぐにでも押し倒し、犯しまくりたい気持ちで一杯でしたが、当初の打ち合わせには無かったサプライズが。
「本当は捨てようと思ったんだけど、○○さん(単独男性)があなたに・・・って」と、余所余所しい態度で一枚のSDカードを差し出す妻。
訝しげに眺めながらもすぐにピンときた私、「これってもしかして・・・」妻に問いかけようとするも、「疲れたからシャワー浴びて少し寝る」と、ばつが悪そうに背を向ける妻。
そんな妻を押し倒し、着衣のまま後ろからめちゃくちゃに犯してやりたい気持ちをぐっと堪え、パソコンにSDカードを挿入・・・と同時に大切なことを思い出しました。

「あ、シャワー浴びないで!」慌てて妻を引き止めます。
「・・・・・・何で?」不機嫌そうに首を傾げる妻ですが、「だって・・・ねえ?」私のにやけた表情で察した様子で、呆れたように「変態!それ、私には絶対見せないでね!それと見終わったら必ず消してよ!」とだけ残し、寝室へと消えてゆきます。

仲も良さそうに横たわる二人、ショーツを自ら脱ぎはじめ随分とノリノリな様子の妻・・・ビデオはそこから始まります。
「あれ・・・?」
開始早々いきなりの違和感。
前日の夜、ベッドの上で確かに確認したはずのそれが無い・・・四十路の熟れたまんこを覆い隠す毛が、まるで**のそれのようにツルツルに剃り上げられていたのです。
パイパンと熟女・・・そのアンバランスさに一瞬唖然とした私ですが、股間はすぐに反応、熱く膨張しはじめました。

「妻が応じることであれば、何をしても構いませんよ」

貸し出す当日の朝、単独男性に確かに私はそう言いました。
しかし、まさか悌毛を施すとは予想だに出来ませんでしたし、また羞恥心の強い妻がよくOKしたなという思いもあり、かなりの衝撃を受けました。

パイパンまんこをじっくりと責められ、すっかりと本気モードにさせられた妻、大好きな伝マでは何度も逝かされ、熟れたまんこがとろとろに蕩けます。

「おちんちん入れてください・・・」
恥ずかしそうに懇願する妻に単独男性が尋ねます、「ゴムは着ける?」。
すると、首を小さく振り「生がいい・・・・・・」と囁く妻。

唖然とする私をよそに、単独男性のいきり立った肉棒が、ぱっくりと開いた妻の割れ目を押し広げ、サーモンピンクの小さな穴へと押し入ります。

「うぅぅ・・・あぁぁぁっ!」

苦しそうな呻き声をあげる妻、しかし興奮はすでに頂点に達しおり、早くも一回目の絶頂を迎えます。
その後、単独男性の巨根に何度も何度も貫かれ、その度に白濁汁を溢れさせる淫らな妻のまんこ。
ひくひくと小刻みに痙攣し、数えきれないくらいに逝かされます。

仄かなピンク色に染まる妻の餅肌、単独男性のほとばしる欲望を波打つ腹に受け止めると、白い粘液が溢れ出し、卑猥な尻の穴を濡らします。

タイトルとURLをコピーしました