女の子のココロ 2話あらすじ解説!感じすぎて腰砕けになる妹

 

玄関で、母親のことを見送った瞬間に

激しく唇を重ねて体をまさぐる兄に応える妹の杏。

 

女の子のココロ 2話あらすじとネタバレ

兄は大きくなった自分のものを出して

それを擦りつけてるように

後ろから妹の股に滑り込ませるのです。

 

しかし、素股では収まらるはずがない兄は

そのまま妹にバックから挿入してしまうのでした。

 

後ろから迫りながら

トロトロになったものを兄は指に絡めて

妹の口に突っ込み、舐めさせるのです。

 

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

 

セックスを覚えたばかりの妹の下半身は

兄の大きなものをやっとの思いで包み込みます。

 

そして、小さめの胸を刺激しながら

後ろから執拗に攻められていきます。

 

耳や背中を舐められながら攻められると

ますます力が抜けていき

言葉にならない言葉で喘ぎ始めるのです。

 

感じすぎてしまい、腰砕けになる妹に

動物的にこれまでセックスをしたくても出来なかった欲望を

ぶつけるようにピストンを繰り返します。

 

ほとんど言葉もなしに続けていたセックス。

 

妹の杏は玄関にへたり込むと

「布団いこう」としおらしく語りかけるものの

その可愛らしさに負けて

ベッドまでに行き着かずにリビングで

またしても妹に挿入してしまうのでした。

 

「ごはんの時思い出しちゃう」と

テーブルの上で兄を受け入れてしまう妹は

歓喜の喘ぎ声をあげ続けていくのでした。

 

女の子のココロ 3話あらすじ解説!リビングのソファーでお風呂のなかでも

 

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です